FC2ブログ

ちいさい桃ちゃん、苺ちゃん
ヨーキー桃とマルチーズ苺の日常 お役立ちブログを目指しています

 
2020年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年01月
TOPしつけ ≫ しつけ教室に行ってきました・『待て』

しつけ教室に行ってきました・『待て』

近くの病院で、しつけ教室があると知り、行ってきました

今回のお題は『待て』

015bd78f9dc1a3b2d8947f282ac5e981b939150b20.jpg



基本的なしつけということもあり、ほとんどが若いわんちゃん

桃、4才で最年長でした




014f2151814c43754138899e09a56f472bfa94c716.jpg



講師の白川真二先生は『TVチャンピオン2・ダメ犬しつけ選手権」で

優勝したことがある、有名な先生だそうです




01282df147f02ba0f5e0c195d68e0900a85897708f.jpg



本の付録で、カリスマトレーナーさんがしつけをしているDVDを見たことがあります
また、テレビでトレーナーさんやしつけ上手な飼い主さんを見て常々思っているのですが


わんこの、できるできないは、指示する側の技量によるものが大きい

わんこができない=飼い主ができない、ということなのかなと、私は思ってます
ちなみに桃と苺ができるのは、『なんとなくお手』のみです




018a0aac8e5c83a48ff4364e54c3984c8b2a33eeda.jpg



『待て』の覚え方はいくつかあり

少し高い台に乗せると、わんこが動き回りにくくなるそうで
この台はわんこのゴハンの器底にヨガマットを貼ったものです


おやつを持った手をわんこの鼻先にあてたまま、わんこのまわりを一周します
おやつの匂いを嗅がせたり、最初は途中でおやつをあげてしまってもOK

ポイントはおやつを持っている手の位置をずらさないこと
わんこは早い動きにつられやすいので、ゆっくり歩きます



[広告]




『待て』で重要なのは「時間」「飼い主さんとの距離」
先生曰く、忘れがちなのは「まわりの環境」


なぜ『待て』を覚えてほしいのか
飼い主が外で何か作業中(例えば、うん〇の始末等)待機してほしい
わんこの安全確保(危険回避)
まわりに人がいたり、わんこがいたり、飼い主が動いている状態です



[広告]




しかし、お家で教える場合、ゴハンの前の『待て』が多く
わんこも動かず、飼い主も動かず、お互い微動だにしないことが多い
この状態で、いくら『待て』ができても、あまり意味がない

「どんな状況でも『待て』ができることが大切」というお話でした








『待て』って奥が深いのね  
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
しつけ | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019年06月09日(Sun) 17:39
鍵コメMままさま
編集
実家にいたまみちゃんには
なんとなく『お手』と『お座り』は教えました
桃が来て、『待て』と『おいで』の必要は感じたものの
おやつや食べ物に興味のない桃にどうやって教えたらいいものか
できる気が全然しませんでした

桃と苺だと、食べ物につられる苺は教えやすい気がします
ただ、食べ物に見せられたら、どっかに行っちゃうかもです(^^;)

私もMままさんと同じ気持ちです
『待て』や『おいで』を飼い主本位ではなく
桃や苺が楽しんで覚えてくれたらと思います
2019年06月09日(Sun) 22:15












非公開コメントにする
プロフィール

桃苺

Author:桃苺
2014年11月3日生まれ
🍑ヨーキーの女の仔、桃
2018年7月31日生まれ
🍓マルチーズの女の仔、苺

少しでもお役にたてる内容が
あれば幸いです

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ